静岡・葵住宅公園(住宅展示場)オープン

2018年4月21日
静岡・葵住宅公園が本日OPEN。家から見えるところに作っていましたので、毎日進捗状況を見て暮らしていました。

午後から見学に行ってきました。

全部で11棟

大手メーカーのモデルハウスがどこも最新の設備で素敵です。気になった4棟だけ見てきました。へーベルハウスは全国初登場!新外壁色「メテオブルー」オープン企画。
旭化成ホームズへーベルハウスの展示場案内は→こちら
外壁の色が素敵です。

オープンしたばかりなのでどのメーカーも花がたくさん飾ってあり家を見るには少し邪魔かな?
着ぐるみのラム君が頑張っています。今日は暑いので大変。

中は会場に来てゆっくりご覧ください。10年ほど前より展示場の中の設備は素敵です。
以前はバリアフリーで段差のない工法が主でしたが、今回は見学したメーカー全てで、リビングを一段下げたりしていて、家にも流行があるのが分かります。

家の近くに散歩も出来る住宅公園(展示場)が出来て楽しめそう。夜、トイプードルのふうたを連れて消灯前にお散歩。

詳細は→こちら




シェードカーテンの具合が悪くなりました

2018年4月21日

4月4日~5日
暖かくなってきたのでカーテンやさんから連絡があり、4日にシェードカーテンの器具とカーテンを取りに来てくれました。今回レースは交換することにしましたが厚い方は外してもらっている間に手洗いをして持って行ってもらいました。シェードカーテンは外すと調整も難しく自分で洗うのはなかなか出来にくいのですが、皆さまどうなさっておられるのでしょうか。

へーベルハウス専門のコイケさんはとても感じが良く、内装部の方も、翌日付けに来てくださった方も丁寧でした。職人さんがいいのがへーベルハウスの助かるところです。

後で調べると最近は二重のシェードカーテンも器具が細い紐でなく、便利なよじれないのが出ているそうです。お金はかかるようですがもし便利な製品があるときにはヘーベリアンセンターで教えて欲しいと思います。

2018年1月22日
リビングダイニングにはウッドデッキに出る、掃き出し窓のところに普通の二重のカーテンがあり、テレビ等がおいてある面にはシェードカーテン(ツインシェード)が3か所あります。
シェードカーテンの調子が最近悪くなってきました。

垣根があり外部からは見えにくい場所ですが太陽が当たらない時には厚いカーテンとレースのカーテンを開けはなし、薄日の時にはレースのカーテンを引き、夕日が回ってくると厚いカーテンも上下調節しながら下ろし、大変重宝しています。
 

家に住み始めて今年で9年目。いつも生活する場で、カーテンの上げ下ろしも頻繁なので、紐の摩耗もあるようで細くなりよじれてきました。ストッパーの調子も悪くなりそろそろ見てもらわなくてはと思っている時、一か所レースのカーテンが動かなくなってしまいました。無理に動かすと紐が切れそう。ダイニングの後ろ側のカーテンも汚れています。

ヘーベリアンセンターに電話して相談したら、すぐに家を作った時のカーテン屋さんから電話が来て正月明けに見てもらいました。我が家のように頻繁に上げ下ろしする家では、ちょうどストッパーの効きが悪くなったり、紐が細くよじれ、上のマジックテープもきかなくなってくるようです。

シェードカーテンは紐を外すのが大変で洗うのも大変そう。シミのある個所もあるので、あまり値段が張らないレースのカーテンを新調し、ストッパー、紐、マジックテープなどを取り換えてもらうことにしました。

ストッパーを直すにはカーテンごと、2日位持っていくとのことで、寒い冬はやめ、春4月頃に取りに来てもらうことにしました。

作った方が来てくださり、適切な説明をしてくれました。ヘーベリアンセンターを通すとことが早く進むので助かります。

先日、2Fのダイキンの空調の部品替えの時もヘーベリアンセンターに電話をしたらすぐに連絡してくれて、今年は寒いので助かりました。ありがたいことです。

 




静岡・葵住宅公園プレOPEN

2018年3月3日(土)4日(日)
我が家の近く、コナミスポーツクラブ跡地に総合住宅展示場、静岡・葵住宅公園が出来ることになり、4月21日の完成に向けて工事が進んでいます。3日、4日はプレオープン、現在完成前モデルハウス全11棟で工事現場を公開。

唐瀬街道の市立高校を北に行ったところ

まだ作り始めていない住宅もありますが、大きなメーカーが主でとても楽しみです。

へーベルハウスも最新の住宅を作っています。どんなのが出来るか楽しみ。

作っているところを見るとはやりへーベルハウスが柱や壁面がいちばんしっかりしています。




十字窓の断熱を工夫する(シャッターのない窓)

2018年1月22日
今年の冬はとても寒いですね。2Fの寝室は南向きのいちばん日の当たる所にあるのですが、十字窓でシャッターがなく近所の家屋にも近くないので風がまともに当たります。家の形から好んで十字窓にしましたので何とか工夫したいとずっと思っていました。

部屋にエアコンはあるのですが、ベッドの目の前にあるのでまともに風が当たります。隣のリビングが暖かいのでドアを開けてその暖房を利用したいのです。隣の続きの部屋では弱い暖房でトイプードルのふうたが寝ています。
<トイプードルのふうた>

断熱材を利用したらいいのではないかと、ヒントを得て安いものなので、上手くいかなくても元々。静岡のホームセンター・ジャンボエンチョーのDIY工房に母娘で出かけました。断熱材(スタイロフォーム等)2枚買いました。

サイズに切ってもらうつもりで出かけましたが、断熱材は自分で切りなさいと言われ、DIY工房に案内されました。無料で工具類、DIYスペースを使えます。金の物差しとカッターも用意されていました。測定してきた十字窓の内側より0.5㎝小さく切らないと上手くはめられないと思い、頑張ると割と簡単にできました。ありがたいことです。

静岡のホームセンター・ジャンボエンチョーのDIY工房→こちら1 →こちら2

 

家に帰って窓に入れるとぴったり。マスキングテープで断熱材を飾ってみましたが、どうせ見えるものではないので必要ないようです。

断熱材は軽いですし、夜だけはめるのでカーテンを閉めてしまえば地震でも大丈夫。

昼間は外しておきます。
マスキングテープは部屋側に貼ったものは変化はありません。

窓側に貼ったものは水滴でマスキングテーが剥がれてきます。それだけ寒風が入ってくるのです。

どちらにせよ、夜だけで見えるものではないのでテープは必要なさそうです。
断熱材をちょうど良い大きさに切ってはめればそれで良さそう

念のために使ったマスキングテープはこちら。

シャッターのない窓は隙間風が入ります。
興味のある方は試してください。




室内引戸の戸車を調節する

2018年1月5日
明けましておめでとうございます。
我が家のすぐ近く、スポーツ施設コナミ跡地に「静岡・葵住宅公園」が出来ることになり、昨年末より工事が始まっています。毎日とても楽しみです。へーベルハウスはどの辺に出来るのでしょうか!

家を建ててから早いもので9年目に入ります。
1F玄関を入りLDKから奥の寝室・洗面所等に行くには、室内引戸だけです。8年以上使い続けていたら引き戸が重くなり、開けるのに力が要ります。お掃除は丁寧にしているつもりですが戸車がすり減ったのでしょうか?

ヘーベリアンセンターにお願いして戸車を送ってもらいました。
送られてきた戸車を見ると樹脂製。交換の説明書を読むと戸車の調整(建具の建て付け調整)で良さそう。以前いただいた説明の本を見るよりずいぶん分かりやすく書いてあります。

戸車を交換する前に「高さ調節ビス」をプラスドライバーで上の方へ回すと戸車が上がり、交換しなくても軽くなりました。戸車は引き戸が多い家なのでとっておきます。
簡単なことでも素人は直すのが大変です。

いつもいつも通るところで、家族に戸が重い重いと言われていましたが、やっと軽くなりました。
新年は軽く始まりました。




▲PAGE TOP