土地を平らにして基礎作り

2018年7月1日
梅雨が明けたようで快晴です。今日からタイル工事などをする職人さんが入ります。梅雨が長引くことを心配していましたが、仕事が進みそうで嬉しい。
先ずは解体屋さんの後を引き継ぎ庭の土を平らにすることと裏道を整備できるように平にすること。裏道は公道と高低差があるので斜めに削り綺麗になりました。

庭は40年以上前の日本風の庭の小高く盛った部分を削り、器械を使って水平にしています。

残土をトラックに載せて処分

平になりました。

計測しながら大まかな構図を作っています。二階ベランダから見てみました。

タイルを張る部分、椅子を作る部分など細かく割り振りしています。

今日の作業はこれで終わり。とても早く構図まではできましたが、これからタイル貼りなど細かい作業が始まるとゆっくりですよ・・・と親方に言われました。

翌朝見てみると小さな古墳掘削のようです。

どんな庭が出来るのかとても楽しみです。




琉球朝顔の駆除をお願い

2018年6月28日
庭をリフォームするのは楽しめる庭が欲しいのと、もう一つ草取りや手入れが大変なためです。お隣との境、塀と塀の間に少しずつ増えた琉球朝顔に悩まされています。生命力が旺盛なのでどんどん蔓を延ばします。塀の間のコンクリートの隙間に太い茎がくいこんでいます。
新しく作る庭の方にはまだ伸びていないのですがこのままでは侵食しそう。

ザ・シーズン静岡の森さんに相談して庭を造る方に駆除してもらうことにしました。結構大変なようです。コンクリートの間に残った根は次の年も、庭の手入れの時に根気よく抜いて除草剤を使うと良いらしい。塀と塀の間なので自分ではなかなか出来ません。

次の工事は思ったより早く30日(土)から始めて下さるとのこと。しばらく雨が降らなそうなので嬉しい!




庭の解体3日目 終了

2018年6月27日
庭の解体は昨日でほとんど終了しましたが、今日午前中、裏道の草を抜いていってくれました。重機も午後には運び出し解体作業終了です。
裏道の草抜く前

草を抜いてくれました。

次の業者さんが来るのはいつになるのでしょうか。早いと嬉しいのですが・・・




庭の解体2日目

2018年6月26日
庭の解体2日目です。
昨日は大きな木はまだ途中で切られてそのままでした。

大きな木は根が塀の近くまで達しているのに無理にとると、塀が壊れるので途中で切ったままにするかもしれないと言われていました。
今日は重機を使って掘った後、手で丁寧に根の部分を掘り上げて取ってくれています。木の切株が残っているのといないのでは見栄えが随分違います。

仕事が丁寧で早いのに驚きます。切株は結構な量になりました。

トラックで切株と周りの根を捨てて、土を均してくれました。すっきりした土地になりました。

明日、道に残った草等を片付けると解体は終了します。梅雨の時期ですので草をとった後、タイル屋さんの施工時期が遅くなるとまた草に覆われてしまうのでしょうね。




庭の解体1日目

2018年6月25日
梅雨の最中ですが快晴。今朝から庭の解体が始まりました。解体前の写真は朝、出したばかり。ワンちゃん用の垣根を一時外し、大きな木を一気に切り倒していきます。重機が入り根も掘り起こせるものはとっていきます。

あっという間に大きな木は地面に。

トラックで生木を運びだし、残った切株と刈り取られた芝生。

 

夕方には垣根のカイズカイブキと石などの残骸が残っているばかり。

グッドタイミングにびっくり!

職人さんたちが帰った後、へーベルハウスの営業さんで今は浜松支店長の米森さんが来訪。偶然にしてはあまりにピッタリでびっくりです。会議で静岡にお出でになったとのこと。いつも気にかけていただいてありがたいことです。

ザ・シーズンはいい仕事をしますよ・・と言って下さり一安心。
解体は三日間の予定ですが、お天気がいいので明日で終わるかも知れません。

 




▲PAGE TOP