外壁のタイプを見に行く その1

営業のYさんと設計のOさんから4つの家を紹介してもらったので、見に行くことに。

結構ちらばってるので、午後4時くらいになっていたので、全部は見れないねということで、まずは東から見ていくことに。

見に行くところはどこもいいなと言っていたKタイプです。
正方形で、少しかけた自然の風合いを出しているタイプのもの。

最初のものは、Kタイプのムーンミスト。
結構奥まっていたので、あまり近くで見れませんでしたがノーブルな白というかんじ。
(カタログで見ると細かく模様が入っていますが遠目だとあまりよくわかりませんでした)

もう少し時間があったので2件目へ。
今度はKタイプの志野(しの)です。
たまたまその家の方が玄関先で庭仕事をしていたので、お話を聞かせてもらうことに。
へーベルで紹介してもらってきたといったら、すごく喜んで親切に話してくださいました。
そのおうちは、外壁は志野なんですが、外構は石白(いししろ)を使用していました。
いわく、「微妙だけど石白の方がいいからそっちにしなさい」とのこと(笑)
ほとんど同じなんですが、石白のほうが若干色がもう少し入っていて深みがある感じがするとのことでした。

もともとの見積もりには石白が設定されていたので、今日見た感じではたぶん石白になるかもなあというかんじです。

あと2件入っていますが、暗くなってきたので、また後日見に行こうと思います。

<waka(娘)>




SBSマイホームセンター静岡東展示場へ

アポはとっていませんでしたが、まだ静岡東展示場を見ていなかったので、ふらっと見に行くことに。

実は最初に見に行った静岡の展示場よりこっちの方が近いんだなあと思いました。

他の展示場はもう見る必要がないので、へーベルハウスのキュービックの建物へ。

営業のYさん、最初に応対してくれた営業のKさんもいました。
そうか、普段はここにいるのねー。

3階建てのキュービックで1Fは親世帯、2F3Fが子世帯の作りになっています。
個人的には静岡の展示場よりこちらの方が私の好みにあっていました。
1Fのリビングの本棚もすごくおしゃれでいい感じです。
本を置きつつ、飾り棚にするといい感じ。
父がよろこびそう。

1Fのトイレを見ましたが、かなり広い感じ。
「Hさん(我が家)家はこれよりもっと幅広ですよ」といわれ、トイレの大きさを心配していた母はひと安心。
2Fへ移動。2FはYAMAHAのキッチンがオープンな感じでありました。
全体的に白でまとまっていてとても素敵な雰囲気。
私も全オープンではないけれど、吊り戸だななしにしたので、こんな感じになるのかなあと思ったり。
お風呂から洗面台、そしてベランダをのぞめるデザインになっているんですが、
2Fもそんな感じになってました。
おお、素敵ー。いっそのことお風呂の扉はほんとに透明でいいかなあと思ったり。
このへんはまたしばらく悩むことになりそう。

展示場も設計図なんかを見たりしたうえでまた見ると、目線が変わるものだなあと思いました。

Yさんがポストに外壁を見てもらうために、白タイプの外壁を使っているへーベルの家の地図をいれておきましたよとのこと。
朝から出かけていたので気付かなかったということで、いったん家に戻ってちょこっと見に行こうということになりました。

<waka(娘)>

近くに住宅展示場があったのね。
営業担当のYさんが店長さんだから疑問があったら行くことができていいわね。

<yoco(母)>




TOTOとパナソニックのショールームを見に行く

営業のYさんに「設備はまだまだ先でいい」と言われたものの、
やっぱり一度見ておきたいということで、2日連続でTOTOとパナのショールームを見に行くことに。

現在だと、二人ともトイレはTOTO、洗面台はパナになっています。
私的にはパナの洗面台はスクエアタイプでとてもおしゃれなので気に入っています。
はたして使い心地はどうか。

まずは、TOTOへ。

もともと母はタンクレスのトイレがいいなあと最初は言っていました。
ただ、値段が高いということや、意外とトイレが広いので、わざわざタンクレスでなくてもいいかなという感じにもなっているみたいです。
私はまあ2Fは水の流れがタンクレスだとちょっとということで、タンクありの普通のタイプのものになりそう。
半年くらい前に今のマンションにTOTOのウォシュレットを買ったので、ほんとのところ、もったいないのでそれを使いたいなあという気持ちも。結構高かったし。

トイレは1Fも2Fも手洗い場をつけてもらうことにしています。
私の場合はお客さんがトイレを使うので、それも考えて。
手洗いもかわいいタイプのものがあるんですよねー、でもそれは予算オーバーなのでそこまでぜいたくはいいません(笑)。

トイレはTOTOでいいね、という結論で、次へ。

次はパナソニックへ到着。
ここは家からすぐそばにあるのに初めて来ました。
パナは洗面台が1Fも2Fも設定されています。
スクエアタイプのちょっとおしゃれなタイプ。
もともといいなと思っていたので、私はすんなりこれがいいなというかんじ。
母もおしゃれでいいと思ったようです。

ついでにキッチンも拝見。一応へーベルのプランには入っています。
キッチンの両端に細長い調味料やまな板などを置くスペースがあるのはちょっと使いやすいかなと思いました。
でも、大理石の風合いや扉の感じはYAMAHAのほうが私はいいかなと思いました。

さらについでにオーディオルームも見学。
壁面収納にスクリーンが収納されてたりして、さすがパナソニック、ハイテクな感じです。
でもここまでAV関係にこだわってる人はうちの家族にはいないので、すごいねーで終わり(笑)。

この日は、このあとまだ時間があったので、まだいってなかった営業のYさんがいる展示場に行くことに。
アポとかとってないけど大丈夫かな?

<waka(娘)>




設計図修正持ってくる

今日は営業担当のYさんが家に設計図の修正をもってやってきました。

新たにこの日サンウェーブとYAMAHAを回ってきて、母とYAMAHAのマーブルシンクがいいねーと思ったので、
2人ともそれにしてもらうことに。

私はさらにリビングを広く見せるために、吊り戸なしのプランに変更しました。
カウンターは人造大理石のホワイトでシンクはベージュのマーブルシンク♪
扉の色はまだ決まってません、濃い茶色系がいいか、ホワイトで統一するか、これはまだまだ悩もうかと。

母はすでに扉はグロッシーダークに決めたみたいです。
母は吊り戸ありの人造大理石ホワイトカウンターで中もホワイトにするみたいです。

これをとりあえず営業Yさんに報告。

さらに、母の冷蔵庫の位置をこの日変更しました。
2Fもそうなんですが、どうしてもキッチンの冷蔵庫が少し出ちゃうんですよね、これを水平にしたらどうかということになり、
母のパントリーをなくし、そこに冷蔵庫を持っていき、その分、母の場合は食器棚をさらに増やすことに。
すごい収納力抜群の棚になりそうです。
納戸がすでにあるので、そこにパントリーを兼ねておけばいいという結論になりました。

2Fも同じく冷蔵庫を水平にするために、少し寝室のWICをへっこませ、その分キッチンは食器棚と冷蔵庫が水平に並ぶすっきりした感じになりました。
吊り戸だなもなくなることだしほんと楽しみです。

Yさんは、まだ設備はそんなに決めなくていいですよー、と言ってましたが、うれしい二人はどうしても先走りになってしまいそうな感じです(笑)

明日は、父がいないので、母とパナソニックとTOTOのショールームに行こうかと話しているところ。

<waka(娘)>

私はまだ設備より設計のほうが気になります。
設備はまだ先ですから。
でも設備を見て歩くのは楽しいですね。
窓の位置や大きさの変更をお願いしました。

<yoco(母)>




YAMAHAとサンウェーブのショールームに行く

午後からYAMAHAとサンウェーブのキッチンを見に、ショールームに行ってきました。

最初の設計士Oさんの見積もりの中では、
私がサンウェーブのサンヴァリエ、母がYAMAHAのドルチェになっています。

もともとは母はサンウェーブのパタパタくん機能が気に入っていて、私が逆にYAMAHAのおしゃれな感じのキッチンにあこがれてました。
なので、「逆になるかもねー」などといいながらショールームへ。

まずはサンウェーブから。

感想は収納場所がとてもよく考えられていて、高機能な感じがしました。
CMでやっていたパタパタ機能、扉がぱたっと開く機能はおおおっ!というかんじ。
しかも収納場所も個別にいろいろわかれていて昔のタイプor安い賃貸向けマンションのキッチンしか知らない私と母は
どれを見てもよく見えます(笑)。

サンウェーブを出た時には、「二人ともサンウェーブかもねー」といいつつ、次へYAMAHAへ。

YAMAHAへ到着。

ショールームの建物から何やらおしゃれな雰囲気。
そして、キッチンがどれを見てもなんだかつやつやピカピカ、きれいな家具を見ている感じです。
サンウェーブほど機能はもりだくさんじゃないけれど、シンプルで、とても使いやすい感じ。
そのうえ、人造大理石がすごく質がよさそうな感じなのです。
それまで、ステンレスで決定といっていた母が、「私も大理石がいい」と言い始めました。
熱にも強く、傷もつきにくく、ついてもスポンジでこすればすぐ消えるとのこと。
シンプルなので掃除もしやすそうということで、
母も私も、「YAMAHAにしよう」ということに(笑)。

まだまだこれから意見が変わるかもしれませんが、YAMAHAのキッチンはテンションをおおいにあげてくれました。

<waka(娘)>




▲PAGE TOP