Posts Tagged ‘旭化成へーベルハウス’

お世話になった営業さん、設計さんが転勤です。


2014年9月30日 JR東海さわやかウォーキングと伊豆急行共同開催「伊豆稲取の大自然!細野高原の海すすき!!」に参加。秋のすすきイベント前の静かな高原を堪能。

P1030027

 海風にススキの穂が踊っているようです。詳しくは「しずおかはなさんぽ」→こちら

P1030038

夕方、帰宅したら家を建てた時お世話になった米森さんが玄関で愛犬もみじと話しています。 留守していた昼間、設計の荻原さんもいらして下さったとのこと。 新築時お世話になった営業の米森建さん、設計の荻原宏規さん、お二人とも転勤だそうです。 米森さんは浜松支店、荻原さんは沼津支店、そんなに遠くはありません。 またお会いできることもありそうです。 お二人ととても良い相性で楽しく家を建てることができました。家を建てるときは担当がとても大事だと思います。 荻原さんの設計で我が家は社内コンペで『トップハットのある二世帯住宅 仕事と生活の場を考える』で入賞し、いい思い出です。センスが抜群の方でした。 営業の米森さんは最初のバス見学でお会いして担当になって下さいました。優秀な方でした。 浜松と沼津ですからまたお会いできることもあると思います。 これからも良い家を依頼者のために建てて下さい。 ありがとうございました!



平屋感覚で快適(ヘーベルハウス オフィス付二世帯住宅)


ヘーベルハウスキュービック新築 二度目の冬。
独立二世帯住宅 親世帯と子世帯を完全分離型にして1Fと2Fに住むようにしました。

2Fはオフィスも兼ねていて、仕事の打ち合わせに来られるお客さんに1Fの親世帯は全く会うことがありません。
2Fは仕事場と居住区も別でとても快適のようです。
独立二世帯住宅で1Fと2Fに分けましたので、両方とも平屋に住んでいる感覚。

 親世帯の1F 

年齢を重ね平屋に住むのが理想でした。
旭化成ホームズ静岡支店で2008年9月設計を開始。

設計の荻原さんが1Fは平屋感覚で設計しましょう・・・とおっしゃって。→こちら
営業の米森さんが冷蔵庫の置き場など細部にわたり案を出して下さり、快適な住みかになりました。

 住んでみての感想

◇階段がないのでバリアフリーそのもの・・・段差が全くありません。
 掃除がとても楽・・・ルンバに任せるのにも平らな床はいいのです。
             自分で掃除機を使うにもコンセントへの差込を数回動かすだけでOK。

◇夏は涼しい・・・家の中を空気が流れていくように設計
          引戸を多用したので開け放すと大きな空間。この点はちょっと和風です。

庭とつながっているので一年中、草花を育てるのが楽しみ。
 日中は庭に放している柴犬もみじとウッドデッキで日向ぼっこ。

冬は床暖房を二区画に取り入れたので乾燥し過ぎないで暖かく過ごしています。
 夫婦で別々のことをする空間があり暮らしやすい住居です。ちょっと長屋の様。
 エコウィルにして光熱費をあまり気にしない暖房。
 家そのものが断熱性能が良い上、シャッター、厚めのカーテンをつけてとても快適。
 引戸を閉めるとこじんまりした部屋になります。

◇設計の家事動線がすばらしく、日々の暮らしが楽。

いずれは部屋の変更もできるように設計してもらいました。

 平屋感覚での生活はとても楽だと実感

家全体、フローリングにしました。畳に座るのは苦手。
同時期に建てた知人のお宅は和室に寝て、畳に炬燵でしたが、だんだん足腰が弱ると大変とのこと。

 設計さん、営業さんとの相性がよかったので
   二度目の冬、住み慣れるほどに、住み心地のよい家になって来ました。



カーペットを敷いて犬をリビングに入れる


9月1日 今日は防災の日

静岡県内では大きな地震がおきたと言う設定で訓練が行われます。
この時期、ヘーベルハウスで頑丈な家を建てて良かったと改めて思います。

それにしても今年の夏は何という暑さでしょう!
もう9月ですからそろそろ涼しくなってもよさそうです。
静岡ではずっと雨が降っていません。
庭の草木も可哀想。

先日「旭化成ヘーベルハウス オシャレ HAUS TOUR」の時に我が家のペット「もみじ」を家に入れるとき床の傷がどうなるのかと聞かれました。
新築の時には大きな関心事です。
我が家もペット用の床などを考えました。
滑りやすそうでしたし、日中は外にいることが多いので普通の床にしました。

今年は例年にない暑さ・・・温暖化で毎年こんなに暑かったら大変
老齢に仲間入りしそうな「もみじ」もとうとう熱中症を避けて昼間も冷房のきいたリビングに入れました。

カーペットの上で一日のんびり寝ています。

我が家の「もみじ」は2帖ほどのカーペットを敷くとその上でのんびり寝ています。
家に入っている時にはほとんど寝ているので床に傷はつきません。
フローリングはすべることが分かっているので動き回りませんね。
夜になるとカーペットのうえで遊んでやります。
床の上に部分的に敷くカーペットは毛を掃除するのも洗うのも楽。
あまり高いものは買わないで、汚くなったら買いなおそうと考えています。

夜はリビング隅の自分のベッドに移動

夜はリビング隅の自分のベッドに移動します



旭化成ヘーベルハウス オシャレ HAUS TOUR


8月20日(金)
旭化成ホームズ(株) ヘーベルハウス静岡支店で「オシャレ HAUS TOUR」を始めることになり
今日は第一回!
他の地域でもこのような試みは始まっていて、好評とのこと。

今回の「オシャレ HAUS TOUR」は設計担当者と営業担当者のコンビで建てたところを見学
いつものバス見学と一味違う試みらしい。
営業の米森さんが司会で、設計の荻原さんがナビを担当し3軒の家をバスでまわるとのこと。

見学の現場になる依頼を受けたのが一ヶ月位前だったでしょうか。
平日でもあるのでOKしました。

お掃除ロボット ルンバに任せて、自分でお掃除するのは怠けていたので
ロボットが届かないドアや窓下の板などほこりが溜まっています。
ちょうど良い機会ですので雑巾をもってお掃除です。

このところ猛暑で外の仕事はパスして草取りはほどほど・・・
窓ガラスも目立つところだけサッと一拭き。
どうにか「オシャレ HAUS TOUR」の名に恥ずかしくない程度になりました。

新築して1年の我が家 新築1年たった我が家

20人くらいの見学者が大型バスで到着。
まず2Fから。

仕事場と住居を兼ねた2Fは入口からオシャレにと荻原さんの力が入った設計です。
2Fを案内する荻原さん 2Fリビングを案内する荻原さん

2F玄関で営業の米森さんとアシスタントの武智さん、他に保育の方がお二人
2F玄関前で、営業の米森さんとアシスタントの武智さん米森さんと武智さん

1F玄関は新築時いただいた模型と荻原さん手描きのイラストを飾りました。
花は庭に咲いている花、人形は25年位前の天使のオーケストラ
1F玄関に模型と荻原さんのイラストと庭の花を飾りました。

1Fの設計の説明をする荻原さん
1Fの設計について説明する荻原さん

今日は「オシャレハウスツアー」 お二人のポロシャツもお揃い。
設計の荻原さんと営業の米森さん
ナビは設計の荻原宏規さん 司会は営業の米森建さん

猛暑で2時間くらい前から家の中はクーラーをつけて涼しくしておきました。
バスツアーで我が家は3軒目、見学の皆様は少々お疲れの様子です。
そういえば我が家も新築前に住宅展示場を見に行きましたが、3軒目はもう疲れていた気がしますね・・・

リビングの壁の広範囲につけてもらった本棚
犬のために工夫したリビング
パソコンを使い易くした事務室
お掃除ロボットを使い易くした、どこまでも平らな床

など、興味がおありな方が多かったようです。

このツアーでヘーベルハウスで家を建てようと決心する方がたくさんおられると良いですね。
第一回目のツアーをしてみて、これからまた実りの多い見学会になっていくのでしょう。
展示場の家は豪華すぎるので、実際に住んでいる家を数多く見ることができるのは安心です。



模型が届きました!


7月11日

いよいよ完成まで一週間を切りました。
書庫の本棚もついていませんし、まだ外構をやっている最中ですが出来上がるのでしょうか?
完成宅公開が18日からですから来週前半には頑張って出来上がるのでしょう。

家の完成より先に昨夜、模型を営業の米森さんが仮住まいに届けてくださいました。
米森さんはすぐに返事を下さるので頼りがいがあります。
荻原宏規さん設計の家の模型を撮影。(バックが仮住まいのクロスでいまいちですが・・・)

荻原さんの設計イラスト図
設計図イラスト

模型

模型ですので車は外車でしょうか?
我が家はジムニーなど小さい車です。

玄関側(南東)と二階への外階段(東)
玄関 南東より 二階への外階段(東)

横から
横から1 横から2

後からと南から
後から 南から

上から見ると右下に方向が書いてあります。
上から

将来を考えて建築したので細長い家になりました。
荻原さんの設計は施主の希望をだいたい取り入れてあります。
窓も高さを揃えてあり見た目も綺麗です。

実際の家が完成するまであと数日、とても待ち遠しい!



▲PAGE TOP