静岡ガス
2019年08月19日(月)

エネファーム使用26日目、発電ユニット停止

2019年8月19日
8月18日、台所にあるエネファームのリモコンを見たら発電ユニットが何か変!
発電していません。毎日70%位ある自給率も20%位。先月入れたばかりで、あたりが悪いのかなと心配。

お盆にガス会社に電話するのも悪いので、エネファームの取扱説明書を取り出し調べました。
発電モードの見かたのところに「お客さま宅のガスマイコンメーターの誤警報防止のために、発電ユニットは26日間連続して発電すると、27日目に約24時間停止します・・・」

「マイコンメーター確認マークが出たらすべてのガス機器(暖房を含む)を最低70分間以上使用しないでください。70分あけずにガス機器を使用すると、ガスマイコンメーターがガス漏れと誤警報します・・・」

この話、エネファームを入れた時に説明してもらいたかった。ちょうど26日目、取説の通りです。24時間くらい停止して再起動に数時間かかりました。

以前は初期のエコウィルで故障が多く、今回入れたアイシンのエネファームは故障が少ないと聞いていたので初めての26日目にびっくりしました。
もっともリモコンを気にしないでいればその間、外部からの電力を使っているので知らないで過ぎていきます。台所とリビングの間にリモコンがあるのでつい見てしまいます。

今回エネファームを入れたので電力会社も静岡ガスに切り替えました。
エネファームを入れた分、環境に優しいとは思いますが、ガス料金と電気料金はどうでしょうか。少ないと嬉しいです。

2009年10月29日(木)

ECOWILL(エコウィル)の働きが楽しみ!

引っ越して3ヶ月が過ぎました。
新築でecowill(エコウィル)を設置。

静岡ガスとは前の家からずっとのお付き合いで、何かあるとすぐ来て下さるのが心強い。
今回、エコウィルのガスエンジン発電ユニットを覆っているパネルの一部が傷ついていたので、静岡ガスの杉山さんが替えにきて、いろいろ説明をしてくれました。
エコウィルは本体とリモコンセットがあります。

エコウィル本体 
左がガスエンジン発電ユニット 右が排熱利用給湯暖房ユニット
左がガスエンジン発電ユニット、右が排熱利用給湯暖房ユニット

ガスエンジン発電ユニットの前面をはずして取り替えてくれました。
ガスエンジン発電ユニットの前側をはずして取り替えています。

キッチンとダイニングの境にある壁にリモコンセット(右上)、バスルームにリモコンセットがもう一台
まわりに床暖房のリモコン

右上がリモコンセット、まわりに床暖房のリモコン

リモコンを拡大して蓋を開けたところ、右は発電中のリモコン

リモコン表示 発電中のリモコン

リモコン表示を見ているといろいろな計量値が出てきて面白い。
発電中に電気機具を出来るだけ使えば良いのでしょう・・・そうはいきませんが・・・
我が家は床暖房をするので、ガス料金の割引があります。

エコウィルは、

▲クリーンな天然ガスで発電し、その時出る熱でお湯も沸かせて暖房もできるガスコージェネレーションシステム。
エネルギー利用率は85.5%

▲ガスエンジン発電ユニットの運転音は静かな住宅街の昼間と同じ程度。
各家庭ごとの生活時間帯に合わせて運転する学習機能がある。

▲排熱利用給湯暖房ユニットの内部に給湯能力を持つバックアップボイラーを搭載。
万一、タンク内のお湯がなくなっても瞬間的にお湯を沸かす。

発電によって電気代が30%くらい安くなるとのことですが、発電時間にいつも生活を合わせるわけにはいきませんからそんなには安くならないでしょう。
床暖房を使う冬季にどのような熱量の使い方をするのか興味津々です。
家族の生活に合わせて学習すると言う機能はいいですね。
監視されている気分ではありますが。

 静岡ガスの杉山さんに仕組みを教えてもらうのですが、まだ本当のところは理解できていません。

エコウィルを上手に使って10年後、エネファームが普及する頃、移行しようと思っています。
配管はそのまま使えるそうですので。

高い買い物ですが平成21年度補助事業により補助金がおりたので少しエコな気分になりますし、長い間には得かな・・・と考えています。

エコウウィルの詳しい説明は
静岡ガス→こちら オレンジの囲みを押すと説明があります。
東京ガス→こちら 左の「エコウィルを知りたい!」から。 

エコウィルの働きが楽しみ!

導入の結果、電気・ガスにどのようにお金がかかるのか、当分暮らしてみなくては分かりません。
先日、寒い日に初めて床暖房を入れてみました。
暖かくてお金もあまりかからなくてエコに過ごせたら・・・ちょっと欲張りです。

sponsors

Search

Archives

《運営》

ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

sponsors