Posts Tagged ‘ザ・シーズン静岡’

ベンチの立上り面と天端・床面の一部、乱形石貼仕上げ


2018年7月11日~14日
ベンチの立上り面とコンクリートが入った天端の乱形石貼が終了。石を乱形に切るのが大変そうです。形を作るのは職人さんのセンスのようで綺麗に仕上がっています。後で目地は埋めるようです。

バーゴラの下の円型の床面も石貼が始まりました。石を切っては並べて眺めています。これは一人でやられているので時間がかかります。

現在の様子 中心のテントの下で石切を行っています。

二階のベランダから見ると綺麗です。

この乱形石貼が終わるとベンチの背もたれのブロックや玄関の上塗りが始まるようです。
大きい円の中はトイプードルのふうたのために天然芝に近い人工芝を貼ります。
へーベルハウスキュービックに似合いそうで、手がかからない庭が出来そうです。



外構壁面の下塗り・庭の縁取り煉瓦組み立て等


2018年7月10日
昨日は夕方、親方が翌日の段取りに。数か所の現場を持っているようで段取りがいちばん大事な仕事のようです。今朝は職人さんが4人入り賑やかでした。

玄関周りの外構壁面は前回写真を載せたように汚れています。まず、汚れを取って下塗りをしてくれました。下塗りだけでもきれいですが、一週間後、綺麗に上塗りしてくれるようです。
丁寧で仕事が早い。現場が多くて大変そうです。

へーベルハウスの外壁はまだほとんど汚れていないので外構壁面が綺麗になったら建物も喜ぶかな・・と思います。

庭はザ・シーズン静岡の店長でチーフデザイナーの森さんが円型の形を取り入れるのがお好きなようで、円形状に土が掘られました。今日は森さんも午前中、現場を見にいらしてました。
デザイナーさんの好みで庭は随分違うようです。出来上がるとどんな庭になるのでしょうか。

出来るだけ大きくなる樹木はやめて、手入れのいらない庭と言う希望は植物をあまりたくさん使わないので、かえって大変なのかもしれません。

夕方、縁取り煉瓦が一部はめ込まれ形が出来てきました。丸く作るのはタイル職人さんの腕にかかっているそうで、上手な職人さんですよと森さんは言います。

カーブベンチのブロック積みも並行して進んでいます。ブロックの背側は化粧壁、塗り壁仕上げ。ベンチの立上り面と天端(てんば)は乱形石貼仕上げとのこと。

まだまだ先は長そうです。静岡県も梅雨が明け暑さが半端ないので私にできることは冷たいお茶を用意することです。



カーブ型化粧壁用にブロックを切断して一段積む


2018年7月5日
台風の影響で全国雨模様。昨日は風も吹き工事はお休みでしたが、静岡地方、今日は曇り。
仕事再開です。ベンチやパーゴラの後ろ壁面は両方ともカーブを描くので、化粧壁の下に使うブロックを切断しています。ブロックの粉が飛び散り結構大変。雨が降ると困るのでテント設営。

二人の親方はいつもコンビを組んでいるようで仕事がスムーズ。見ていて気持ちがいい仕事ぶりです。あっという間に必要なブロックが切断され運ばれて、一段目が2箇所に出来上がりました。

カーブはリビング方向に向かっており、ベンチの外灯もリビングに向けてあります。
裏道からは見えにくいようにベンチが配置され、考えられたデザインなので出来上がりが楽しみ。

カーブを描いたブロック積みは直線的なものより地震の揺れに強いと、親方は言います。

鉄筋がかなり太いので安心!

上までブロックが積まれ化粧壁仕上げになるとのこと。
その前にベンチが出来ます。庭の床面を綺麗に彩る円型タイル等はとても上手な親方が仕上げるとのことですので楽しみにしています。



庭の原型をつくる


2018年7月2、3日
昨日から今日にかけて庭の原型が見えてきました。
庭に石のベンチとバーゴラを作る予定。バーゴラは始めは費用が高めですが使わなかったらもったいないので、屋根とシェード付に変更です。
ベンチ位置を示す杭が立てられています。

翌日ベンチの基礎部分にコンクリートが入りました。

全体はこんな感じ

右奥にパーゴラが出来ます。

並行して昨日平らにした裏道に砂利が敷き詰められました。工事の終盤に固く締めてくれるそうです。

家の裏と横道は防草シートを敷いて砂利を置いてもらいます。丁寧に親方はシートを敷く前にダンゴムシ駆除剤と除草剤を撒いてくれました。

現在、農協等で販売している除草剤は家の周りには推奨できないようですが、ホームセンターで販売しているそのまま使える除草剤は犬猫ちゃんにも優しくできていて害は少ないのだそうです。

家の東側にも防草シートをすべて敷いてもらうのかと思っていましたが玄関よりはすでに小石が敷いてあり草もほとんど出ないので、このままにして草がたまに出たら早く抜いて、ホームセンターの除草剤を撒くということになりました。

へーベルハウスで家が出来て9年以上過ぎました。我が家を建てた頃には防草シートはまだなかったのでリビング外側のベランダの下には防草シートは敷いてありません。日の当たる所は草が生えてしまいます。
日の当たる所だけ小石を撒いてもらうことにしました。
右側の草花は今、色々置いてありますが、前の犬モミジがなくなった時に、いつもいた場所を花壇にしたメモリアル花壇なのでそのまま残すことにしました。

夕方にはブロックが運び込まれました庭のベンチ等に使われるようです。カーブのベンチなので明日、雨が降ったら工事はブロック切りになるそうです。セメントは灯油缶をしまう入れ物がホームセンターに売られているそうで雨が入らないので庭に置いてあります。

夜、庭を照らす外灯の線も用意されました。

電源をどこからとるかは電気屋さんと相談とのこと。

玄関から出る時、生垣が右側にあり車や通行人が見えにくいのです。すぐそばに市で設置したカーブミラーがありますが我が家の車が出るところは映りません。市のカーブミラーを少しずらせば見えそうですがそうもいかないので、どうするか今考え中です。。

日本列島に大型台風が来ていて全国雨模様。明日はブロック切りをテントを張って行うらしいのですが大雨や風があったら無理でしょうね。天候は致し方ないです。



土地を平らにして基礎作り


2018年7月1日
梅雨が明けたようで快晴です。今日からタイル工事などをする職人さんが入ります。梅雨が長引くことを心配していましたが、仕事が進みそうで嬉しい。
先ずは解体屋さんの後を引き継ぎ庭の土を平らにすることと裏道を整備できるように平にすること。裏道は公道と高低差があるので斜めに削り綺麗になりました。

庭は40年以上前の日本風の庭の小高く盛った部分を削り、器械を使って水平にしています。

残土をトラックに載せて処分

平になりました。

計測しながら大まかな構図を作っています。二階ベランダから見てみました。

タイルを張る部分、椅子を作る部分など細かく割り振りしています。

今日の作業はこれで終わり。とても早く構図まではできましたが、これからタイル貼りなど細かい作業が始まるとゆっくりですよ・・・と親方に言われました。

翌朝見てみると小さな古墳掘削のようです。

どんな庭が出来るのかとても楽しみです。



▲PAGE TOP