その他
2009年12月08日(火)

静岡ヘーベリアンの会参加してきました~♪

昨日のことですが、浜松で静岡ヘーベリアンの会がありましたので参加してきましたっ!
これは、kimiさんが中心となって開催してくださった会で、今回静岡の会には初めて参加させてもらいました。

場所は浜松の南浅田 街角へーベルハウス。
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/dekirumade/0109/index.shtml

参加者は大人十数名、子供たち同じ10人ほどといったところでしょうか。

人数もそんなに多くないので、わいわい楽しくあっという間に時間がすぎていきました。

私帰り際のどがいたかったくらいです(笑)

これから建てる方もいらっしゃって、その方たちの間取り図やファイルなんか見せてもらったりして
ああ、なんか懐かしいなあとちょっと思ってみたり。
そうそう、一人、間取りのパースを全間取りファイリングしてもらっている方もいらっしゃって、
(表紙テプラになってたりして)、ちょっといいなあと思ったり。
うちは確か最後にちらっと小さなノートPCの画面で見せてもらっただけのような(笑)

家をアルバムのようにして持ってきてる方もいて、とても素敵だったので、私もぜひそうしようと思いました。
(前から思っていて、気が抜けてなんだかしてなかったので)

あとへーベルの方に、コンセントの洋室とかキッチンとか書いてあるタグの変え方を教えてもらったので
ちょっと直したい箇所があるので、近いうちにテプラで直そうかなと思ってます。

近所に住んでる方もいまして、うちの完成見学会にも来て下さったとかで、ちょっとうれしかったりconfident

あまりに楽しくて、例のごとく写真をあまり撮れておらず残念・・・・(笑)

最後にじゃんけん大会でへーベルグッズ争奪戦をしました。
私はわんとにゃんの卓上カレンダーとぞうさんのピンクストラップともうひとつストラップをゲット。

じゃんけん大会のへーベルグッズたち

じゃんけん担当のイケメンくん(名前忘れちゃいました、ごめんなさいbearing!)

へーベルハウスのいけめん君

そして、帰り際に数枚パチリ。
左はリビングの天井の吹き抜け。明るい空間でした。
右は模型。
玄関がうちとお揃いだったのでちょっとうれしかったですhappy01

リビングの天井(吹き抜けが素敵) 皆さんがいるので模型をパチリ

最後にラムくんをパチリ

へーベルのラムくん

ほんとにとても楽しい1日でした。
主催してくださったKimiさんご夫婦、
会場を貸して下さったへーベルハウスの方たちどうもありがとうございましたーhappy01

2009年08月23日(日)

くろねこ・ママさん邸 ご訪問してきましたっ♪

最近買ったこけ

今日はyoco@母とくろねこ・ママさん邸の完成宅公開を見に行ってきました。
我が家とは隣の市ですので、車で1時間弱ほどです。

ちなみに左の写真はくろねこ・ママさん邸へのささやかなプレゼントを購入した際についでに買ったこけ。
ころんとしててなんだかとってもかわいいし、聞いたらお手入れもとっても楽ちんで私でもできそうってことで、購入しました。
表面が乾いてきたら、お水に全体沈むように数分つければOKだそうです。
こらならずぼらな私でもたぶん大丈夫(笑)
いずれ打ち合わせテーブルとなる予定の仮のダイニングテーブルにちょこんと載せてパチリ。
お値段以上の机もなんだかぐっと素敵に見えます(笑)

————————————————————————-

さて、くろねこ・ママさんのお宅は、間取りや配置をとてもよく考えられたおうちだと感じました。

玄関を入ると、右手に靴箱、そして左手にもシューズクロークが。
とても使いやすそうな感じです。

玄関のタイルが少し大きめで、優しい感じでとても素敵でした。

そして玄関からおトイレ、お風呂、洗面、家事室、そしてキッチン、リビングへと、すごくつながりよくできてるんです。
さらに玄関からはリビングへもつながっているので、家事動線をとてもよく考えれられているので、生活がとてもしやすそう。

お風呂は、yoco@母と同じTOTO。「あ、私と同じだわ~」と母。

洗面は住友林業クレスト。うちはパナソニックにしましたが、やっぱりデザインがとっても素敵です。
まるでホテルの洗面台のよう。うーん、素敵だわ~~

洗面室にはさらにコンパクトな収納が設けられています。
タオルや下着、ちょっとした小物などしまっておけそう。
ちょっとの奥行きでこうした収納を設けたのはいいアイデアですねー。

さらにお隣の家事室。
机にもなる棚が取り付けられていて、アイロンがけなどしやすそう。

家事室を抜けると、キッチンとリビングです。
キッチンは、YAMAHAでうちと同じ。
シンクはステンレスでした。
yoco@母は実は元々ステンレス好きで、勢いでマーブルシンクにしたんですが(笑)、
「使いやすそう、こっちにすればよかったかしら」としきりに言ってました。

リビングは吹き抜けが気持ちよい空間になっています。
ネコちゃんのステップと高い天井の上のファンがアクセントになっていてとても素敵。
シーリングファンってなんとなく王朝風やカントリーチックなものしかイメージがなかったんですが、
白くてシンプルですごくキュービックな感じでいいんですよねー。
吹き抜けにはもうひとつ、くろねこ・ママさんがちょこちょこ書いていた室内窓が(笑)
あれが例の室内窓なのねー、楽しみ楽しみ

リビングの隣には和室もありました。
お客さんがきたらここがゲストルームになるのかな?

さて、次は2階へ~。

2階には寝室と「あ、これがQちゃんさんの書斎だ~」

書斎はコンパクトながら収納がとても使いやすそう。
さらに書斎からベランダに出るととっても広いベランダがあるんです。
あそこでビール飲んだら気持ちよさそう~~(笑)

寝室には、クローゼットのほかに、奥行きの長い広いウォークインクローゼットが

収納力たっぷりありそうです。
寝室と吹き抜けの室内窓がつながってました。
ちょうど室内窓からネコちゃんが歩くところも眺められます。

ブログでずっと見てきたので、なんだか人のおうちという感じがしなくて(笑)
楽しく見させてもらいましたー。

今日は結構暑かったんですが、風がとっても気持ちよく通り抜ける家でした。
冷房もしてませんでしたが、涼しくて冷房なしですごせそうな感じでした。
2階でもそんなに暑くなかったので、家の立地が風を気持ちよく受ける家なんだなあと思いました。
うちの2階の方が暑いわと思ったりして(笑)

この後、さらに隣の市へベッドを買いに行ってきましたー。
私のベッドのお話はまたいつかしたいと思います。

2009年07月05日(日)

特集:もみじ保育園に感謝!(ヘーベルハウス新築中の愛犬もみじ)

7月5日

家の解体・新築でいちばん悩んだのが愛犬柴犬もみじの心です。
庭で自由に走り回り、夜は家の中でぐっすり寝ていたもみじ。
犬を飼ってよい一軒家を探しましたが、見つかると半年ではと断られ、静岡のマンションでは柴犬が飼えるところはなかなか見つかりません。

wakaがネットで努力して探し、見に行ったペット可のマンションは数知れず。住んでいた家から離れたところだったり、もう壊しても良いところだったり。
家の近くに地下室があるマンションを見つけ、日当たりは悪いのですが家作りが春から夏なので決定しました。
でも、約束は「ペットは家の中で飼うこと。ベランダへは極力出さないように・・・」とのこと。
昼間、自由に庭を走り回っていたもみじには外の空気を吸えないことはつらいこと!

助け舟

yoco@母の親友で犬大好きのshihokoさんが昼間預かってくれることに!
もみじは引越し前日からshihokoさんの家に日中出かけることになりました。
もみじ保育園と我が家では言っています。

hiro@父が朝出勤時にジムニーにもみじを乗せ送っていきます。
もみじはshihokoさんの家で一日過ごし、夕方yoco@母が車で迎えに行ってから散歩。
shihokoさんがブッダ基金の訪問でネパールへ10日間出かけた時も、もみじは保育園へ行きshihokoさんの家の警備もしました!
ご近所の方達にも可愛がられて幸せに過ごし感謝!

「犬の生まれ変わりよ!」・・・と言うくらい犬好きの友人は以前柴犬を飼っていましたし、もみじ以外の犬も可愛がり、困っている知人の飼い犬を散歩したり預かったり、犬にとってまさに女神さま。

我が家よりshihokoさんの家の方が好きになった感じのもみじ。
預かってもらうのも後わずかになりました。

今日は静岡県知事選挙。hiro@父も家にいましたのでもみじが朝出かける様子を取材しました。
そうなんです。日曜日も引越してから毎日、もみじはshihokoさんの家へ・・・皆勤賞です。

毎朝8時前になると「保育園に行くわよ」と座って催促します。
待てないわ・・と玄関まで先に
父さん保育園に出かけようよ 待てないわ・・と玄関まで先に

催促されて出かけます
催促されて出かけます1 催促されて出かけます2

駐車場まで少し歩いて
駐車場まで少し歩いて1 駐車場まで少し歩いて2

ジムニーに乗ります
ジムニーに乗ります1 ジムニーに乗ります2

さあ行こうよ
さあ行こうよ1 さあ行こうよ2

5分でつきました。嬉しいな
5分でつきました。嬉しいな1 5分でつきました。嬉しいな2

大好きなshihokoさんを見て家に飛び込み
大好きなshihokoさんを見て家に飛び込み1 大好きなshihokoさんを見て家に飛び込み2

もう帰っていいよとお見送り
もう帰って良いよとお見送り1 もう帰って良いよとお見送り2

そして一日が終わり・・・夕方yoco@母が迎えにいき散歩をして・・・

帰ってきて夕食も食べて夜はマンションでくつろいでいます
帰ってきて散歩も終わり夕食も食べて夜はくつろいでいます1 帰ってきて散歩も終わり夕食も食べて夜はくつろいでいます2

家では父さん大好きもみじ
父さんの椅子の後で踏まれてしまうよ
家では父さん大好きもみじ 父さんの椅子の後で踏まれてしまうよ

9時前にはもう眠いよと催促
家の中の自分の住居に入り・・・もみじはこの狭い空間が大好き!
9時前にはもう眠いよと催促 家の中の自分の住居に入り

朝まで寝言を言いながらぐっすり眠ります。2月からマンションで一度も吠えたことはありません。
きっと昼間満足してストレスがなかったのでしょう。
鍵はかかっていないので不審者が侵入したら起きて撃退してね!
朝まで寝言を言いながらぐっすり眠ります

預かっていただいたshihokoさんがネパールへ行って来て翻訳した本です。
こちら どうぞ手にとって見てください。

あと数週間もみじをよろしくお願いします。

*****************************************************

今日wakaとyoco@母がもみじの外用の家を買いに行って来ました。
引越し前に受け取りに行きます。
もみじも新居に入ります。値段はすごーく安いので内緒!

家は

家はクリーニングの一回目が済み明日からまた残りの工事の始まり。
今はシャッターが下りています。ワックスを塗ったからでしょうか。
外構工事も進んでいます。もうすぐ、もみじ用の柵もつくられます。
一回目のクリーニングが終わりシャッターが閉まっています。

2009年06月20日(土)

梅酒仕込みました

梅酒

ちょっと家のこととはそれますが、
仕事させてもらっているお酒屋さん「森藤酒店」さんから梅が入ったとの連絡を受けて、
昨日梅とお酒を取りに行ってきました。

使った材料は、森藤さんが毎年仕入れている梅(どこの梅か忘れちゃいました)と、
若竹原酒梅酒用、そして種子島産の洗双糖です。

梅はとってもいい香りで、そのままかぶりつきたいくらいの甘い香りが部屋中にただよっています。

森藤さんのオススメは日本酒や本格焼酎を使った梅酒づくり。

お砂糖も種子島産の洗双糖を使うとまろやかな梅酒ができるそう。

普通は氷砂糖とホワイトリカーが有名ですが、
梅酒用の原酒を使った梅酒はどんな味になるかとても楽しみです。

引越しの時に、割らないように気をつけて運ばないと
以下使用した商品です。

よかったらお店のぞいてくださいませー

自然酒・自然食品の森藤

洗双糖 1kg

洗双糖 1kg

465円(内税)

2009年06月14日(日)

加茂荘・加茂花菖蒲園

6月14日

梅雨に入りましたが、雨はまだ降りません。
静岡県掛川市原里にある加茂荘花菖蒲を見に行ってきました。→加茂花菖蒲園のWEBページ

江戸時代中期の安永2年(1773)建築の加茂荘長屋門
現代風のヘーベルハウスキュービックはもちろん住みやすく素敵ですが、昔のしっかりした建築はすばらしい。
昔ながらの庄屋さんの生活を見ることが出来ます。

加茂荘 長屋門 加茂荘の歴史

花菖蒲園はそろそろ花の見ごろは終わりに近づいていますが、手入れがいいのでもう少し楽しめそうです。
田園の中にあるので風景が美しい
加茂花菖蒲園1 加茂花菖蒲園2

今いちばんの見ごろは睡蓮
花菖蒲が満開の時にはまだ早いのです。
此の近辺はお茶の産地としても知られ、庄屋屋敷内にも茶園があり紫陽花も満開。
睡蓮が満開 加茂荘屋敷内の茶園

加茂荘には多目的温室があり年間を通して色とりどりの花が咲き販売もしています。
紫陽花や菖蒲などここから出来る品種が数多くあり開発も盛ん。
他にベゴニア園や花鳥園も経営していますが、ここにはフクロウやミミズクが飼育されています
多目的温室には色とりどりの花が咲いており販売もしています。 温室の一角にはフクロウやミミズクがいます

昔ながらの庄屋料理(2500円)や庄屋弁当(1500円)が楽しみ!
料理のほかにもしょうゆの実、遠州ちまきなど珍しい特産が作られています。
温室の中には庄屋料理(2500円)を食べる場所があります お弁当もあり菖蒲園を見ながら楽しめます。

掛川近辺を通られた時には一度お寄りください。年間を通して温室は見ることが出来ますが
やはり花菖蒲、紫陽花、睡蓮の季節がいちばん楽しめます。
詳しくは上記WEBページをご覧下さい。

私は家が出来たら花の苗を買いに出かけようと思います。

sponsors

Search

Archives

《運営》

ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

sponsors