8.外部リンク先を追加する

WordPressには外部のリンク先を登録できます。
相互リンク、よく訪れるサイトなどがあったら、リンク登録しておきましょう。

1.管理画面から「管理」をクリックして、「リンク」をクリックします。
「リンクの管理(新規追加)」と書かれた画面が表示されます。

2. 「新規追加」をクリックします。

3.「名前」にリンク先名、ウェブアドレス」にリンク先URL、「説明」にリンク先の説明文を入れます。
(説明の箇所は、サイトの作りによってはない方がいい、もしくは設定できないようになっている場合があります。ウェブパレットまでお問い合わせください)

当てはまるカテゴリーにチェックをつけます。(デフォルトだと「リンク」になっていると思います。)
「リンクターゲット」を「_blank」に設定します。
(_blank とは新しいウィンドウを開くという意味になります。)
設定し終わったら、画面右上の方にある「保存」をクリックします。

7.ブログ(サイト)に戻り、リンクが追加されたことを確認しましょう。

リンク管理07

6.記事投稿中の文章にリンクを設定する

自分のサイトのページや、他のサイトへリンクを貼ることも簡単にできます。
今回は文字にリンクを貼る方法と画像にリンクを貼る方法について勉強します。

文字にリンクを貼る

1.リンクを設定したい文字を範囲選択し、リンクボタンをクリックします。

2.リンクの挿入/編集 ダイアログボックスが表示されます。

3.「リンクURL 」へ設定したいURLを入力します。
あらかじめインターネット画面をもう1画面起動し、リンクを設定したいページを表示し、アドレスバーをコピーして、「リンクURL 」へ右クリックして貼り付けるといいでしょう。

4.その後「リンクターゲット」の▼をクリックします。
自分のサイト内にリンクする場合は「なし」のままでOKです。この場合、リンクを設定している記事の画面からリンクをクリックすると、そのままその画面がリンク先の画面に切り替わります。
自分のサイト以外のサイトにリンクを貼るときは、「新しいウィンドウ」にしたほうがいいでしょう。「なし」または「同一ウィンドウ」ですと、他人のサイトに移動してしまうので、自分のサイトに戻ってきてくれる可能性が低くなります。
「新しいウィンドウ」にしておけば、自分のサイトはそのままで、新たに1枚新しい画面が表示されることになります。

設定し終わったら、「挿入」ボタンをクリックすればリンク完了です。

5.リンクされると、リンクされた箇所に下線がついているのがわかります。