Posts Tagged ‘ガーデニング・お花’

花壇を耕したら排水管を壊した?


2016年5月7日
我が家で可愛がっていた柴犬もみじ。
ここ一年ほど目も耳も悪くなり、体力は衰えながらも、手探りで庭をよろよろ歩いて暮らしていましたが、4月11日安らかに永眠しました。年齢16歳9カ月。長い間楽しませてもらって嬉しい思い出に感謝。
2012-06-23 16.30.25

へーベルハウスを建てて7年。
リビングルームに連なるウッドデッキの外側に新築時、花壇を作ってもらいました。ずっと、もみじが自分の昼寝の場所と決めて花壇は作れなかったのですが、もみじが亡くなり7年目にして本来の目的通り花壇を整備することに。

花壇を鍬で耕すと石がゴロゴロ。力いっぱい鍬を入れたらガリっと何かに当たりました。慌てて周りの土を除けてみると、地面20cm下で樹脂の管が割れてしまっていてビックリ。新築時に外構も設計してもらい花壇を作ったのでまさかとは思いましたが図面を見ると雨水管が近くを通っているような・・・
2016-05-07 08.07.30
レンガのあるところに雨水管らしきもの。

大型連休初日、ヘーベリアンセンターはお休み。営業担当だった方は県内に転勤していましたが助けを求めました。休日担当に電話してくださり、管にテープを巻いてビニールをかけレンガを載せて連休明けまで待つことに。

5月6日、水道工事屋さんが来てくれ、調べたら、建て替え前の排水管が残っていたとのこと。レンガの付近から斜めに1.5m程、樹脂の管が花壇の下を通っていて、取り除いてもらって一件落着。

解体工事、外構時どちらもすり抜けて残った排水管。現在の雨水管はもっと家の近くを通っているようです。
優秀な設計の方による外構設計。花壇の下を雨水管が通っているはずはないのです。でも樹脂の管に当たるとビックリします。水道屋さんは固い土を掘り返してくれ大助かり。

7年目にして花壇から古い排水管が出てくるとは予想していなかったのでとても慌てました。こんな出来事、連休中に当たることが多いですね。

たい肥や腐葉土を入れ、格子状のシンプルなデザインのフェンスを買い、クレマチスやバラをネットで注文しました。これから花壇を作っていくのが楽しみ。

家の前の駐車場の両側も今年、バラやクレマチスを育てています。
2016-05-07 08.09.18-1

2016-05-07 08.08.44

2016-05-07 08.08.17

バラやクレマチスがフェンスを覆うのはまだ先です。



柴犬もみじ・マイボーム腺腫を切除


1月13日

昨年秋より柴犬もみじの右眼瞼に腫瘤が出来、だんだん大きくなって、その内、表面だけとれます。
これをくり返すのでトリミング時に獣医さんに様子を見てもらっていました。
マイボーム腺腫だそうです。
最近は目やにが多く出て、角膜も傷がつきそうになったので切除してもらうことにしました。
他のワンちゃんですが、かかりつけの山田動物病院のブログにマイボーム腺腫の切除例が載っていて安心。→こちら

全身麻酔なのでちょっと心配でしたが、1月7日に無事終了。
ついでに歯石もとってもらいました。
もみじはエリザベスカラーをつけて帰宅。

エリザベスカラーをして帰ってきました。
カラーが嫌そうでピーピー言っています。(拡大写真は小)
仕方なく昼間からリビングに入れました。

手術5日目、これからカラーをとりに行きます。

エリザベスカラーをはずしに行きます。
つけたまま庭を駆け巡るのでカラーはだいぶ壊れてきました。

玄関入口には春の花が咲いて、寒いのにのどかな日です。
Wakaがネットで買った早咲きのチューリップ(ミラクルチューリップ)が綺麗。
一ヶ月間咲くそうですので楽しみです。

1月の玄関入口の花 早咲きチューリップ



アップルミントの白花に蝶が群れる


9月になっても暑い日が続きます。
庭の花たちも夕方、水をたっぷりやってどうにか元気。

シコンノボタンや秋明菊が咲いているそばにアップルミントの白い花満開!
白い花の蜜を求めてツマグロヒョウモンとセセリチョウが飛び回っています。

アップルミントの花の蜜を吸うツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモンの間にいるのはセセリチョウ

夕風が吹いているときの写真でミントの枝が揺らいでいます。

ツマグロヒョウモンとセセリチョウ 数えると20匹以上 

ツマグロヒョウモンとセセリチョウを数えると20匹以上!

ツマグロヒョウモンの幼虫は黒地に紅い斑点があり、ノスミレがある歩道などを歩き回っているちょっと気味悪い感じの幼虫。
我が家も少しだけ庭に野生のスミレがあります。
もう少しするとパンジーやビオラの苗を植えなくてはなりません。
ツマグロヒョウモンはスミレだけに卵を産み付けるとのこと。

蝶を殺すのはかわいそうですし、そろそろミントの花も終わりに近いので花を切り取り、リビングに飾りました。
蝶は違う花の蜜を吸っていますが、数がぐっと減りました。
どこかの花へ移動したのでしょうか。

蝶も虫も生きていますし、花も育てたい。
悩みます。

最近、小さなアリが植木鉢に巣をつくり玄関のタイルを動き回っています。
こちらは謝りながらアリ駆除の薬をまいていますが、強いようで違う所に移動して玄関先でバトルをくり返しています。



少しずつ庭作り-カサブランカ満開!


新居に引っ越してからまもなく1年になります。
引っ越してから少しずつ、庭を楽しみながら開墾。
最近はネットで欲しい植物を探し出し、注文することも。

愛犬 もみじ が走りまわるために庭一面、花を植えるわけにはいかず悩むところです。

友人が昨年夏、送ってくれた球根が、今週見事に花開きました。
近づくと風に揺れて良い香り、あと何日楽しめるでしょうか。
カサブランカは豪華で香りよく幸せな気持ちになります。
友人からの贈り物、カサブランカが満開 カサブランカは良い香りを放っています。

玄関先には大好きなシコンノボタン(紫紺野牡丹)
お花屋さんに取り寄せてもらいました。
庭にも一本植えましたので、これから秋まで楽しめます。
大好きな紫紺ノボタンが玄関先で咲いています。
ネットを見ていたらシロバナノボタンもありました。
注文して取り寄せましたがまだとても小さい。

庭の一角を開墾
庭のいっかくを開墾しました。
ネットでサルスベリのナチェと言う品種を取り寄せました。
白花で黴に強い品種とのこと。まだ小さいのですが花芽があります。
アメリカンブルーとラベンダー、イワフジが低く咲く予定。
奥のシコンノボタンはまだ小さいのですが2メートルくらいになるはず。

柴犬もみじが陣取る一角は強い花を植えました。
花壇の奥に もみじ は自分の居場所を確保
ゼラニューム奥はもみじの昼寝場所

サルスベリ、ソウタンムクゲ、シコンノボタンなど花期が長くあまり大きくならない花木を植えました。

ヘーベルハウスキュービックにあう様に選んだつもりですがどうでしょうか。
花が咲くのが楽しみ!



玄関口の花「ヒメシャガ」を半日陰に移してあげよう!


玄関口に植えてある「ヒメシャガ」、白いシバザクラの中央に可憐に咲くはずでした。

玄関先のヒメシャガ 後の木はシマトネリコ

以前ヒメシャガを育てた時、山野草として植木鉢に植え半日陰で大事に育てた記憶があります。
とても可愛い花で玄関先に植える提案があった時、ああ可愛かったな~・・・と深く考えずに、草花だから後で植え替えれば良いかな。
一度咲くのを見てから・・・と思っていました。玄関先はとても日当たりが良いのです。

冬は枯れてしまい、春になりどんどん大きくなりましたが、葉が思ったより逞しく可憐ではありません。
大事にみずやりをして育てました。

葉が大きくなりすぎて花は1本だけヒョロヒョロと→拡大すると葉の右上に一本痕跡があります。

5月末から6月に咲くはずです。
一本だけ花芽がヒョロヒョロと伸びて咲きましたが、あっという間に枯れてしまいました。
駄目だったら季節の花を順番に植え替えようと思っていましたが、あまり早くあきらめるのも可哀想。

先日箱根の湿生花園へ行きましたら半日陰で可愛いヒメシャガが満開
    湿生花園・初夏の花・・・yocoの別ブログ→こちら

箱根の湿生花園の半日陰で咲いている可憐なヒメシャガ 湿生花園のヒメシャガ

我が家「ヒメシャガ」は葉も逞しすぎます。
庭の片隅の半日陰と植木鉢に山野草として植え替えようと思います。

日当たりがよすぎる玄関前は無理のようです。 葉が焼けてしまっています。

調べてみると・・・→その1その2
ヒメシャガは、国のレッドデータブックでは準絶滅危惧だそうです。
朝日の当たる、風通しのよい明るい日陰で育てます。

シンボルツリーの「シマトネリコ」は初夏になりやっと元気になってきました。
玄関前の花壇は何を植えようか楽しみに考えます。
ヘーベルハウスキュービックにあう花で、長く咲く花を年に2回植え替えてみようと思います。



▲PAGE TOP