Archive for the ‘16.築半年~築1年’ Category

iRobot「ルンバ無料メンテナンス終了」


7月6日、アイロボットサービスセンターに自動掃除機ルンバを無料メンテナンスに出しました。
メンテナンスのお知らせに同封してあった宅配業者が電話一本で取りに来てくれ流れがとてもいい。

10日位かかるとのことでしたが、一週間でルンバ君帰宅、「お帰りなさい!待っていました。」
先日、修理に出したばかりでしたので
作業詳細は
分解清掃、センサー稼動確認、稼動部稼動確認

以後、製品到着日より3ヶ月以内に、何らかの不具合が生じた場合には、無償にて対応してくれる由。

我が家は6000円追加で販売店の7年保証に入っているので、これからも安心はしているのですが・・・
ルンバ君が故障しないように大事に使わなくては!



古い排水溝を埋め戻してもらう


6月29日の記事「アッ危ない! 古い家の排水溝の蓋がとれた!」の続き・・・

7月3日 水道屋さんが来て古い排水溝を埋め戻してくれました。
小さなトラックに埋め戻し用砂を積んできて、使っていない排水溝を埋め戻し。
1時間かからないで終わりました。

古い排水溝3ヶ所 埋め戻しをしているところ
左は使用していない古い家の排水溝3ヶ所、蓋をとると穴があいています。
右は埋め戻しているところ、平らになりました。

ア~ こんなに簡単なら、もっと早く埋め戻してもらえばよかった!
ずっと、危ないな~~と心配していたのです。

夕方、6月29日の記事で書いた、排水溝の蓋がはねた為に壊れた車を修理して、修理の方が来訪。
雨が降っていたので勝手口の入り口に水溜りがところどころ出来ています。
「どうして残った埋め戻し用砂を入れてもらわなかったの?」

雨が降ると勝手口の入り口が水溜り

そのとき、もう一度水道屋さんが来訪。

「排水溝の埋め戻したあとは、しばらくたつと、土が固まり沈むのでもう一度来ると思います。
その時に、水溜りも埋めてあげるよ。ヘーベリアンセンターにその時連絡するといい。」

旭化成ホームズに出入りしている業者さんは親切で、好感持てる人が多い。
アフターサービスがしっかりしていると安心です。



アッ危ない! 古い家の排水溝の蓋がとれた!


6月28日 1年点検をしてもらって、大きな補修はないのでホッとしました。

ところが翌日の29日、点検には入っていないところでトラブル
建て替え前、古い家には裏の広い道路に面した宅地内道路があり、そこから水道、下水道をつないでいました。
今回、玄関口の表から水道、下水道につなぎましたので、裏口の水道、下水道は不要となります。

裏口は勝手口から入るのに便利で、1Fに住む親世帯が車を入れるのに使っています。
以前の水道、下水道の排水溝の蓋は三つそのままにしてありました。
以前の道路に排水溝の蓋が三つ残っています。

ところが29日、車を転回して通ったら、真ん中の排水溝の蓋の角にタイヤがあったようでバタンと音がしました。
音がしたところを見てみると鉄製の蓋が外れて排水溝が見えています。
中に排水溝の蓋の止めが片方落ちていました。
車が通ったら排水溝の蓋が音をたててずれ排水溝に蓋止めが落ちてしまいました。 排水溝の中に落ちた片方の蓋止め

蓋の裏を見ると止めが溶接ではなく接着剤で付いているようです。簡単に取れるはずです。
蓋の裏側は止めが片方取れています。

車を見ると前輪左のタイヤに亀裂が入り、車の後ろが一部外れていました。タイヘンだ!
また蓋がずれたら危ない。
前輪のタイヤが鉄の蓋で傷つきました。 車の後方がずれた蓋の勢いで外れました

びっくりして静岡ヘーベリアンセンターへ電話をしたら時間外とのことで時間外扱いに。
翌日ヘーベリアンセンターから電話が来て見に来てくれるとのこと。
営業の米森さんにも連絡して善処をお願いしました。

今日7月1日、水道屋さんが来てくれて、使っていない排水溝なら埋めてしまったほうがよいとのこと。
近日中に溝に砂利をいれてもらい、溝をなくし道路と平らにしてもらいます。

以前は真ん中の排水溝は車を置いておく入り口にあったので、コンクリートを敷いた上に蓋がきちんと納まっていたのです。
家の完成時に用意してもらった排水溝のふたは砂利道の上においてあるだけ。

思わぬことに出くわしますが、排水溝の蓋は始めから軽くて気になっていたところでした。
もっとすごいことになる前に分かってよかったと思うことにします。
ネットを見ていたらこういうことがあるのですね。→こちら

ちょうど車の点検が2日で、1日の夕方取りに来てくれました。
後の外れた部分ははめれば大丈夫とのこと。
タイヤは横の亀裂は危ないので前輪両方替えることになりました。
車を上げてタイヤから後まで下から見て安全を確かめるそうです。

アーびっくりしました!!

追記
車の点検でタイヤは替え時期だったとのこと。
前輪を左右替えますが、ちょうど替え時期とはスッキリ!
車を上げて下から点検すると傷はあるけれど支障はないそうです。
大きな被害がなくてよかった。

溝も旭化成ホームズで埋めてくれるということで、安心しました。



1年点検(ヘーベルハウス キュービック)


6月28日(月)
ヘーベルハウスキュービック(ファインヘーベルハウス)の1年点検

引き渡し日が2009年7月23日ですから少し早めの1年点検です。
これからずっとお世話になるお二人です。
よろしくお願いします。
説明をして下さる 左 海野さん 右 増田さん
右:旭化成ホームズ 静岡支店ホームサービス課 エリア責任者 増田徹さん
左:旭化成住宅建設 静岡事業所 施工管理課 アフター担当 海野仁志さん

増田さんが「60年点検システムとメンテナンスのご案内」と書かれた用紙を説明
60年点検は
1年、2年、5年、10年~~5年毎~30年まで無料
35年~5年毎~60年まで有料

メンテナンス・プログラム 

耐久性を維持する為に、必ず実施するメンテナンス工事 30年後
屋根・屋上(防水シート) リプレイス
ベランダ(防水シート) リプレイス
外壁(シーリング・塗装) 塗装
外壁金物(庇・ボーダー) 交換
玄関・勝手口(鋼製枠) 塗装

その他メンテの目安

定期点検、および故障時のお申し出に応じて修理・交換する項目
10年ごとに交換
給湯器、ガスコンロ、エアコン、インターホン、洗浄便座

ユニットバスは15年でシール、30年で交換、35年でシール
排水管(高圧洗浄) 5年毎
サッシ・網戸(部品交換) 15年毎

以上のように記載された用紙をもらいました。目安のようです。
末尾にメンテナンスプログラム概算費用が書いてあります。
現時点での概算税抜き金額 そのための1ヶ月の積立金
その他メンテナンス目安の概算 そのための1ヶ月の積立金

かなりの額になりますが、予定が立ちますので参考になりますね。
😛 30年後と言えばこの記事を書いているyoco母ではなくwakaにバトンタッチの話です。

高圧洗浄等は古い家のときに家に宣伝に来た業者より安くて、安心ですので メンテナンスプログラムは良いですね。
家が出来てもかなりお金はかかりますが、ヘーベルハウスはプログラム以外の出費はほとんどないと信じています。

今日の1年点検
増田さんが聞き取りで建物内部・付帯設備をチェック、その間に海野さんが家の中を丁寧に点検
増田さんは営業の米森さんと連絡が取れているのでよく分かっています。
海野さんは5月14日に、1Fキッチンの床が一部きしみがあるのを修繕してもらいました。

大体は保証が2年です。
外構の植栽が1年で保証が切れるそうで今月末に
タマリュウの枯れているものを交換、ついでにシンボルツリーのシマトネリコを見てもらう
勝手口のコンクリートが一部、汚いのですが外構の方に一緒に原因を見てもらう

勝手口コンクリートの汚れ 汚れの拡大
入り口がところどころヒョウ柄のよう   拡大 海野さんも「見たことがない汚れだなあ」

———————————————————
 後日・・・外構の方に見てもらいました。
コンクリートの色むらだそうです。
いろいろな原因で出来るようですが勝手口ですし、雨の当たるところはいつか黒ずんでくるので
それほど気にならないので由とします。
コンクリートの色むらについてのページ→こちら
———————————————————

6月5日に書いたように玄関先のヒメシャガは日陰に移し、今年はトレニアを植えました。
玄関入り口の植栽 ヒメシャガから今年はトレニア

夏が過ぎたら冬から来春のためにノースポールかパンジーを植えようと思います。
季節ごとに長く咲く花を玄関先に植えるのも楽しみです。

1年点検は無事終了
修理のいる時にはいつでも静岡ヘーベリアンセンターに電話をすればよいとのこと。
ヘーベルハウスで建てたのは完成後、アフターがよいと聞いたからですので頼りにしています。

追記

キッチンやお風呂の排水管は見えるところを綺麗に洗っておけば薬剤で洗浄しなくてもよいとのこと
5年に1度、高圧洗浄をしてもらおうと思います。費用は現在のところ一世帯約3万円位。我が家は二世帯なのでどの位にしてもらえるでしょうか。

24時間換気は部屋毎の吸気の網を頻繁に洗い、付ける時に必ず全開にしておくと騒音が少ないことに気づきました。
増田さんにも寝室は特に気をつけてきれいにする様に言われました。

完成後、屋根の上は一度も見ていません。
お二人にお願いして屋根に上がってみました。
綺麗になっていましたし、平らなのでゴミがあっても吹き飛んでしまうと安心しました。



玄関口の花「ヒメシャガ」を半日陰に移してあげよう!


玄関口に植えてある「ヒメシャガ」、白いシバザクラの中央に可憐に咲くはずでした。

玄関先のヒメシャガ 後の木はシマトネリコ

以前ヒメシャガを育てた時、山野草として植木鉢に植え半日陰で大事に育てた記憶があります。
とても可愛い花で玄関先に植える提案があった時、ああ可愛かったな~・・・と深く考えずに、草花だから後で植え替えれば良いかな。
一度咲くのを見てから・・・と思っていました。玄関先はとても日当たりが良いのです。

冬は枯れてしまい、春になりどんどん大きくなりましたが、葉が思ったより逞しく可憐ではありません。
大事にみずやりをして育てました。

葉が大きくなりすぎて花は1本だけヒョロヒョロと→拡大すると葉の右上に一本痕跡があります。

5月末から6月に咲くはずです。
一本だけ花芽がヒョロヒョロと伸びて咲きましたが、あっという間に枯れてしまいました。
駄目だったら季節の花を順番に植え替えようと思っていましたが、あまり早くあきらめるのも可哀想。

先日箱根の湿生花園へ行きましたら半日陰で可愛いヒメシャガが満開
    湿生花園・初夏の花・・・yocoの別ブログ→こちら

箱根の湿生花園の半日陰で咲いている可憐なヒメシャガ 湿生花園のヒメシャガ

我が家「ヒメシャガ」は葉も逞しすぎます。
庭の片隅の半日陰と植木鉢に山野草として植え替えようと思います。

日当たりがよすぎる玄関前は無理のようです。 葉が焼けてしまっています。

調べてみると・・・→その1その2
ヒメシャガは、国のレッドデータブックでは準絶滅危惧だそうです。
朝日の当たる、風通しのよい明るい日陰で育てます。

シンボルツリーの「シマトネリコ」は初夏になりやっと元気になってきました。
玄関前の花壇は何を植えようか楽しみに考えます。
ヘーベルハウスキュービックにあう花で、長く咲く花を年に2回植え替えてみようと思います。



▲PAGE TOP