Archive for the ‘04.基礎工事’ Category

足場完成、明日から躯体工事!


昨日で基礎工事はほとんど終了。
今日は朝から足場を組むとのこと。
朝10時頃行った時には、まだ昨日のまま(左の写真)
ずっと昔、お世話になった方がいらしたので静岡県立美術館へ行って帰りによったら4人の若者が声を掛け合って手際よく組み立てていました。
もみじの散歩が終わり夕方6時頃には大体完成(右の写真)

足場を組む前 足場の出来上がり

ああー 明日からいよいよ躯体工事が始まるのだ!!ドキドキ 

静岡県立美術館にて展示を見てきました。
「21世紀の大発見 よみがえる黄金文明展」
~ブルガリアに眠る古代トラキアの秘法~
2004年8月、ブルガリア・バラの谷にて発見。
「トラキア王の黄金のマスク」
紀元前5世紀後半

の看板です。
右は静岡県立美術館へ続く私の大好きな通りの欅並木です。
まだ葉が出揃っていませんが躯体工事が終わる頃、新緑のトンネルになると思います。

よみがえる黄金文明展 県立美術館へ続く欅の道



シロアリ駆除剤散布&基礎外壁塗装


昨日、監督さんから「明日、シロアリ駆除剤散布があるので時間を聞きましょうか」と言われました。
へーベルハウスは鉄骨なので薬を撒くのは埋め戻した土の部分だけ。予防のためでしょう。
一日に何軒もするようなので時間通りには来ないと思い、多忙なので断念。
以前、友人が山を切り開いた地域にへーベルで建て、シロアリ被害にあったと書きましたが
監督さんによると以前はシロアリの駆除剤散布はしていなかったようです。

在来種のヤマトシロアリやイエシロアリは湿気を好み、床下など建物の低い部分を集中的に食害するので、
薬剤による駆除が比較的簡単

ところが先日来テレビを見ていてオオ~~

アメリカカンザイシロアリと言う北米大陸原産のシロアリが最近かなり繁殖。
乾燥に強く、えさとなる木材の中に分散していて、気付いたときには家全体に食害が及んでいて取り壊すことになったり、
近隣の数十戸に被害が広がった例もある・・・とのこと

静岡はまだ被害がないようですが、NHK「クローズアップ現代」を見ているとこれから増えるのでしょうか。
へーベルハウスは木の部分が少ないので被害は少ないのではないかと思っています。
そういえばキクイムシ(木食い虫)の被害で床にたくさん穴が開いた等の話もありますし、心配したらきりがないでしょう。

お昼近くに現場に行ったら基礎工事の職人さんが一人で塗装中。
もう、シロアリ駆除剤散布は終わったとのこと。最近の薬はあまり臭いは強くないのですね・・・分かりません。
職人さんは基礎外壁を下塗りを二回、ペンキでの上塗りを一回しています。
左は下塗り一回目 右は上塗りをしたところ。風雨から水の浸入を守り、汚れが付きにくくなるとのこと。
またそれによりひび割れもなりにくくなるそうです。化粧の意味もあるのでしょうね。

下塗り 上塗り

仕事の途中、お風呂場と玄関に下地コンクリートをうってありました。
左はお風呂場です。奥に青い発泡スチロール板がある意味が分かりました。
右の写真は昨日の青とピンクの配管の断面を見せてもらいました。
中に白い樹脂製の管がありますが、これが鉄管よりずっと丈夫なのですね。

お風呂 下地のコンクリート 青い配管の中

夕方、もみじを連れて近隣を散歩。今どこでも花盛り。花の季節に家ができていくのは嬉しい!
左は近くの小学校前の道路のハナミズキの白い花、もうすぐ赤も咲きそう。
右は小学校の隣にある保育園の柵に咲く黄色いモッコウバラ。

白ハナミズキ 黄色のモッコウバラ



基礎工事のレベル検査


旭化成ホームズ工事課の石神さんから電話を頂いていたので今日は基礎工事の水平誤差の検査を見に行きました。
あいにくの雨で仕事はやりにくそうです。石神さんに説明していただきました。
ヘーベルハウスの基準は、基礎レベルの高低差3mm以内とのこと。

アンカーボルトに長方形の鉄板を入れてレベルを測定しています。
 水平誤差を測る アンカーボルトに鉄板を入れて

高いところを削って調節しています。削ってくれているのは旭化成住宅建設静岡の現場責任者の松田さんです。
これからお世話になる方です。よろしくお願いします。
高いところを削っています。

今日は基礎工事の中に配管が少し入っていました。ピンクとブルーですが湯と水でしょうか。一本一本に名前が入っていたようです。
太さは同じですがブルーは近づいてとりました。 
配管ピンク 配管ブルー

基礎の周囲、数箇所に配管が集まる箱がありました。これは出来上がっても見えたままのようです。
分かり易くて良いですね。
配管が集合するところ

事務室の下に点検口があります。発泡スチロールで生コンが入らないようにしてあったところです。
ものすごく小さいので「こんな小さな穴で点検できるのですか?」と聞きましたら
なんと!
ほそーい人でないと入れないでしょうね。ですって・・・



土の埋め戻し&庭の片隅に春


4月11日
とてもよいお天気です。お昼前、現場に。
土の埋め戻しをしていました。
写真は躯体工事に向けてクレーンで電線をいためないよう黄色くまいてあり青空に目立っています。

青空に保護をした電線

先日監督さんにお願いしてあったので戻す土はかなりきれいになっていました。
枝を入れたビニール袋があります。先日の根っこはかなり大きかったそうです。
右の写真は玄関部分で砂利が入れてあります。

埋め戻された土 コンクリートを打つところには砂利

4月13日
今日は工事はお休みのよう。明日、水平誤差の検査があります。
前の家の残った庭の片隅に春の花がひっそりと咲いていました。

左は一重山吹、白くてかわいい花  右は大きくならない藤の花

一重山吹 藤

左はアシュガ、日本名で十二単   右はシャガ

アシュガ(十二単) シャガ

ずっと雨が降らなく、みずもやらなかったのでもう駄目だと思っていたのですが残っていてくれて嬉しい!



現場に行ってみるのも必要かな~~


~昨日の土の埋め戻しと木の根が残っている件について~

昨日の営業さんの話で監督さんに連絡して下さるとのことでしたので、夕方カメラを片手に行ってみました。
今日は工事はしなかったようで昨日と変化はありません。
やはり木の大きな根が残っていて木の枝の上はまだ緑です。
このままではまた木が伸びるでしょう。
しかも木と木の間に配管が・・・

こりゃ 大変だ!
配管に根が絡まったら駄目になってしまう!前のうちで経験があります。
木と木の間に配管が

家に帰ったら監督さんから電話が

「今日、現場へ見に行ってきました。木の根はきちんと取ります。
土の埋め戻しの時には枝や石は除きます。」とのこと。

ほっ としました。やはり遠慮しないで気がついたことは言った方がいいですね。
   でも、何時も気がつくかしら!



▲PAGE TOP